技術情報

2色成形で使用される材料のABSとは?

  • 材料

ABS樹脂は、アクリロニトリル、ブタジエン、スチレンの3つのモノマーからなる合成樹脂です。この樹脂は、耐衝撃性、強度、加工性などの優れた特性を持ち、一般的にプラスチック製品や部品の製造に広く使用されています。ここではABSの特徴と用途、当社の2色成形の実績をご紹介いたします。

ABSとは?

ABSは、アクリロニトリル(AN)、ブタジエン(BD)、スチレン(ST)の3つのモノマーからなる合成樹脂で、それぞれの成分の頭文字を取ってABSと呼ばれています。この合成樹脂は、耐衝撃性、強度、加工性など兼ね備え、自動車部品や機械部品、家庭用品などの幅広い製品に使用されています。

ABSの特徴

ABSは、アクリロニトリル、ブタジエン、スチレンの3つの特性を引き継いだ樹脂です。アクリロニトリルの耐熱性、機械的強度、耐油性、ブタジエンの持つゴムの特性、耐衝撃性、スチレンの光沢性、加工性、安定性を持つことから、汎用性の高い樹脂として様々な用途に使用されています。以下に、ABSの主な特徴について説明します。

機械的特性

高い耐衝撃性により、破損しにくく、射出成形や押出成形など多様な加工方法に対応可能です。また、剛性と強度のバランスが良く、引張強度や曲げ強度にも優れています。

耐油性

油や化学薬品に対して耐性があります。この特性は、自動車や機械部品などの製品において長期間の使用に耐えることができます。

ABSの用途

ABSはその優れた特性から、幅広い用途に使用されています。自動車部品、家電部品、家庭用品のケースや雑貨、スーツケース、玩具など、身近なものに活用されています。

2色成形でABSを使用した具体例

2色成形は、2種類の異なる色や材料を使用して成形する技術です。ABSは他の多くの樹脂と良好な融着性を持つため、2色成形に適しています。

下記はABSを利用した2色成形の具体例を素材の組み合わせ別でご紹介します。

ABS×PC

自動車部品のメーターリング

1次側にABS、2次側にPCを使用しています。ABSはメッキが乗り、PCはメッキが乗らない性質を活かしています。また、意匠性を高めながら部品点数の削減と組立工数の削減を実現した例になります。

●ABSは二次加工性が良く、メッキに適している

ABSはアクリロニトリル、ブタジエン、スチレンの3つの特性を引き継いだ樹脂で、その分子構造によりメッキが乗りやすく、適していると言えます。

・アクリロニトリル:メッキ前処理の表面加工に対して適切な粗さにする。

・ブタジエン:柔軟性と耐衝撃性の成分があり、表面加工による変形やメッキ後の剥離・ひび割れを防ぐ。表面に微細な凹凸を作り、メッキ層の密着性を高める。

・スチレン:光沢性と安定性の成分により表面を均一にするため、メッキがしっかりときれいに乗る。

●ABSは融着性と相性が良い

ABSは他の多くの樹脂と良好な融着性を持つため、2色成形に適しています。特に相性が良い材料は、PC、AS、TPUなどがあります。

材料の組み合わせと相性についてはこちら

2色成形で使用される材料のPCとは?

ABS×AS

コーヒーメーカー用ウォータータンク

1次側にAS、2次側にABSを使用しています。ABS(外側)とAS(内側)の2層構造で、ASの透明部を目盛りとして活用しています。

●ABSはデザイン性、耐衝撃性に優れている

ABSは光沢性、着色性が優れておりデザイン性を高めることができます。また、耐衝撃性や剛性に優れており、落下衝撃に強いことから用いられています。

●ABSとASはどちらも優れた寸法安定性を持つ

収縮率が低く成形品の寸法精度が高いです。また、材料の相性が良いため2色成形に適しています。

まとめ

ABSはその優れた特性から、幅広い製品に使用されています。特に2色成形の技術を組み合わせることで、より多彩なデザインや機能性を持つ製品を開発することが可能です。また、一体成形により、アッセンブリ工程や部品点数が削減され、機械生産により製品品質のバラツキを抑えることも可能です。樹脂成形部品でお困りのお客様は、お気軽に当社にご相談ください。

2色成形に関しては大型2色成形.comにお任せください!

お問い合わせはこちら

最新の技術情報